アニメフィギュアを中心に画像や最新情報などを提供しフィギュアショップやコレクションなど紹介。 萌えて癒されたい人への情報ブログです。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Posted by グンターV
     
    [スポンサー広告
    ▲フィギュアの魅力
    フィギュアヘの批判的な視点

    現在フィギュアと言えば、多くはアニメや漫画のキャラクターの造形物を指し、その多くは女性キャラクターである。そのため一時期はフィギュア=美少女フィギュアという概念の一般化に対し、ミリタリー系モデラーなどからフィギュアという呼称を使いづらい、口にするのが恥ずかしいと批判されていました。
    同人誌などの著述には、フィギュア製作=オタクの末期症状というものが多々見られました。
    2004年3月に起きた高崎小1女児殺害事件に関連して、日本テレビ「真相報道 バンキシャ!」が、性犯罪とフィギュア趣味を短絡的に結び付ける内容の報道を行った。この件についてボークスより抗議を受けています。

    また同年11月に起きた奈良小1女児殺害事件の報道においては、大谷昭宏が朝日放送「ムーブ!」等の出演番組および寄稿している新聞紙面にて、容疑者特定以前から「犯人はフィギュア趣味の持ち主である」と断定する報道を行い、フィギュア萌え族という造語を生み出しました。

    フジテレビで放映されたドラマ『電車男』でも、主人公のオタクぶりを映像化する手法として、フィギュアへの愛着を用いている。


    フィギュアドール
    映画にドールと言うのがありましたが、西欧圏(主にヨーロッパ)における愛玩用もしくは玩具としての人形がドールと呼称されています。日本では主に植毛されている・可動部分を持つ・衣装の着せ替えを行なえる、といった特徴を持つフィギュアや人形の総称として「ドール」が使用される。

    スーパードルフィーをはじめとする人形をフィギュアと区別するために使い出された語だが、リカちゃん、ジェニーなどの女児用玩具も含めた着せ替え人形をも含む言葉に変化しつつあり、固定された概念ではない。フルアクションフィギュアとは異なるが、フルアクションフィギュアをドールとして紹介している例もあり、完全に別物とは言い切れない。またガレージキットのフィギュアにも植毛されたものが存在するなど、境界は曖昧である  


    自販機フィギュア
    模型屋や駄菓子屋の店頭に設置された自動販売機(通称:楽しいガシャガシャ、ガチャポンなど)で販売されるフィギュア。透明カプセルに封入され単体で販売されてます。以前は素材も消しゴムと称された単色のゴム製のものが多く(怪獣消しゴム、キン消し)、大きくディフォルメされたものが多かった。

    現在では彩色済みで硬質の樹脂を用いた、コレクタブルなものになっている。また販売先がコンビニエンスストアに移行しつつあるので、自販機ではなく店頭売りされることも多くなった。 コレクションにいっぱい集めて箱に詰め込んであるのが、マニアの間で高値で販売されてましたが絶対手放さないぞ!

    ブログランキング参加中↓↓
    人気ブログランキングへ
    FC2 Blog Ranking
    にほんブログ村 フィギュア
    スポンサーサイト
    Posted by グンターV
    comment:0   trackback:0
    [▲▲フィギュアの魅力
    comment
    comment posting














     

    trackback URL
    http://rtyi.blog35.fc2.com/tb.php/2-627b7236
    trackback
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。